自賠責と任意保険では対応が異なる

車を所有する人は、自賠責保険と呼ばれる強制加入の保険と、民間の保険会社が販売をしている任意加入の自動車保険の両方に加入をしています。

この2つの保険ですが、使用していた車を売却する際には対応が異なります。

自賠責保険は、車の売却時に解約を行い、未経過分の保険料は車買取業者を通して返還されるか、査定価格に加味されることになります。

従って、複数の車買取業者の査定結果を比較検討するのであれば、自賠責保険の返金分が査定価格に加味されているのかどうか、それを見極めることが大切となります。

その一方で、民間の保険会社が販売する自動車保険は、他の車を乗り換えるのか、車を売却後は当面、車を所有する予定がないのかによって対応が異なります。

もしも、他の車に乗り換えるのであれば、加入している任意保険は解約をすることなく、保険契約の対象車両を変更するだけで継続が可能です。

この場合、車買取業者に車両変更の依頼をするのではなく、加入している保険会社、若しくは加入時にお世話になった保険代理店に依頼することになります。

但し、登録する車両が入れ替わることで、年間保険料が増減する可能性が充分にあります。

保険料が上がれば差額分を保険会社に支払い、保険料が下がれば差額分が保険会社から還付されます。

それに対して、売却を機に当面は車の所有予定が無い場合は、保険会社に解約の申し出を行います。

この時も、自賠責保険と同様に、未経過分の保険料は保険会社から返金されることになります。


このページの先頭へ