査定価格には、必ず内訳を表示してもらう

車買取専門店で受けた査定価格には、必ず内訳を表示してもらうように致しましょう。

万が一、ざっくりの見積書しか提示してもらえない車買取業者ならば、契約は避けた方が賢明かもしれません。

通常、査定価格の内訳には、車体価格以外にも自動車税や自賠責保険料などの税金に、リサイクル料金も含まれています。

自動車税や自賠責保険料などは、未経過分について精算して貰えるのが一般的ですが、その精算額が査定価格に盛り込まれているケースもあります。

また、消費税については、内税で表示されるのが一般的ですが、念のために確認が必要です。

今後は、消費税の増税が予定されていますので、表示の仕方によって査定価格への影響も大きく変わって来るからです。

そして、車買取業者の手数料も査定価格に加味されます。

この手数料には、単なる事務手数料から、名義変更手数料であったり、車引取りのサービス料、点検整備費用に至るまで、様々な項目が加味されています。

従って、手数料とだけ表記されている場合には、その詳細について聞いて見る必要があります。

車を売却の際には、複数の車買取専門店から査定価格を引き出して、比較検討するのが常套手段といわれています。

その場合、単なる合計金額だけで比較をするのでは無く、各項目で比較を行わなければ、本当に最良の査定価格を提示している買取業者を選別することが難しくなります。

しっかりと内訳を考慮して、公平に比較検討をすることが、失敗を防ぐことになります。


このページの先頭へ