トラブルを避ける為には善良な買取業者と取引を

車買取時には、様々なトラブルが起きるリスクを孕んでいます。

何故ならば、車買取業者側とユーザー側では、車に対する知識が大幅に違うからです。

まして、車買取専門店も営利目的の事業者である以上、買取価格には思惑が含まれてしまいます。

更に、車買取時の査定を行う中古車査定士であっても、(財)日本自動車査定協会が定める査定基準に準じて査定は行っているものの、経験値からその技量には多少のバラツキが生まれます。

従って、同じ車を査定したとしても、車買取専門店によって価格が異なってしまうことも致し方ありません。

よって、A店に売却を行ったが、後にB店の方が高い見積りを提示が出されたなど、悔やんでしまうことも起きます。

また、車買取専門店が増加する中で、どうしても悪質な業者が含まれます。

例えば、執拗に査定価格を吊り上げて、売却の即決を求めてくる買取業者であったり、簡単なチェックだけで、査定価格を提示する買取業者には注意した方が良いでしょう。

このような買取業者の場合、売買契約締結後にじっくりと査定を行い、何かと難癖をつけて買取価格の引下げを行うケースがあるからです。

また、悪質なケースでは、最初から売買契約締結後に契約破棄を申し立てて、違約金を請求することを目的としている買取業者も存在しています。

こうした車買取時のトラブルを避ける為には、善良な買取業者と取引をすることに他なりません。

そして、事前に車の市場価格を調べたり、複数の業者から概算価格を集めるなど、多くの情報を収集する努力を惜しまないことです。


このページの先頭へ