ガレージなどに放置してある車検切れの車も買取り可能

家のガレージなどに放置してあった車検切れの車も、買取りは可能です。

但し、車検切れの車は、注意すべきことが3点あります。

1点目は、公道を走れない為に、車買取専門店にまで持込みが出来ない点です。

従って、査定を受ける為には出張査定サービスを提供している、車買取業者への依頼が必要です。

但し、出張査定サービスを利用する場合には、複数の車買取業者を比較することが難しく、買取価格を叩かれる可能性がありますので注意が必要です。

2点目は、車検切れの車は、少なからずとも査定に影響を致します。

だからといって、車検を受けてから車の売却を考えるなどはナンセンスな考えです。

但し、車買取専門店の中で、自社販売をしておらず全てオークションに出品をする店舗であれば、車検の残期間に限らず整備を行いますので、余り車検の残期間に拘らない傾向もあります。

それに対して、車買取専門店の中でも、自社販売を行っている店舗であれば、無整備販売も増えてきていることから、車検の残期間を余計に気にすることになります。

特に、小さな店舗では、自走が出来ない車検切れの車は嫌う傾向があります。

そして3点目は、放置期間が長いことで、エンジン等に不備が生じている可能性が高いことです。

車に限らず機械工業品は、使用をしていないと不備が生じやすいものです。

特に、屋根の無い所に野晒しに放置されていた車ならば、エンジン周辺のサビが進んでいたり、ボディの塗装も痛みが激しくなっていることが予想されます。


このページの先頭へ