最近では事故車を専属で買取る業者まで現れている

一昔前まで、事故車で走行不能となった車は、スクラップ行きと決まっていましたが、最近では事故車を専属で買取る業者まで現れています。

当然、事故車は査定において大きく価格も叩かれることになりますが、それでもお金を支払ってスクラップすることを考えれば、多少でも資産として見出せただけも納得が出来ます。

このように、走行不能なまでの事故車でも買取が進んだ要因には、車の部品売買に対する流通網が確立して来たことにあります。

事故によって走行不能になっている車は、買取られた後に修理を施されるのではなく、解体された後に部品売買に回されることが多くなります。

従って、事故車でも人気車種と年式の古い車では、部品の需要も異なることから、査定にも影響を及ぼします。

最近では、インターネット上に事故車買取を謳ったコピーを目にすることも多くなりました。

但し、事故車を専門に買取る業者は、都会には多く存在が確認されていますが、地方都市に点在する程までは至っておりません。

従って、地方に住んでいる人は、事故車を買取ってもらいたいと思っても、身近に業者が存在していない可能性もあります。

また、事故車の査定は、標準車と比べて、業者間のバラツキが大きくなりがちです。

よって、複数の事故車買取業者から査定を取り寄せてみる必要もありますが、地方都市では更に難しくなってしまいます。

因みに、修理を施した車の全てが、修復歴車に該当をする訳ではありません。

綺麗に修理が施されてあり、修復歴車に該当をしなければ、査定にもほとんど影響は及ぼさなくなります。


このページの先頭へ