オークションの確立が車買取価格にも大きな影響を及ぼしている

中古車取扱い業者間のオークションが確立したことは、車買取価格にも大きな影響を及ぼすようになりました。

これまで、車を買い替える際の下取り価格は、決して高価買取であったとはいえません。

事前に雑誌などから店頭小売価格を調べ上げて、売却価格の目安を付けていたとしても、大抵の場合、下取り価格は目安にしていた価格よりも安値になっていました。

これは、下取りに出された車が、店頭に並ぶまでの流通経路が複雑であったことが影響をしています。

買取られた車が中古車販売店に並ぶまで、様々な業者の手数料が加味され、更に輸送量や整備費用なども加えられているからです。

従って、中古車販売店の店頭価格と車買取価格との乖離がどうしても大きくなってしまい、その結果、高値での買取が難しくなっていました。

しかし、業者間オークションが確立され、中古車の流通網が整備されたことで、車買取価格が随分と高値で推移するようになりました。

オークションでは落札料や成約料は差し引かれるものの、車買取価格がオークションの落札価格に近づいています。

また、車買取専門業者も不要な在庫を抱える必要もなくなり、買取った車を直ぐにオークションに出品が出来ることで、余計な経費の発生も抑えられるようになりました。

但し、車買取価格は多種多様な上に、オーナーによっても品質が大きく変わって来ます。

更には、車買取専門業者によっても、得意とする車種が変わって来ることから、買取価格も千差万別であること忘れてはいけません。


このページの先頭へ