近年ではオンライン専門の車買取専門店も登場

最近、街中で車買取専門店の看板を、良く目にするようになりました。

特に、車買取専門店がフランチャイズチェーン化されることで、店舗数も一気に伸びました。

こうした車の買取事業は、従来から中古車販売店や車ディーラーでも行われていたものであり、目新しいビジネスとはいえません。

また、一昔前までは、新車販売台数が中古車登録台数を上回っていたことで、車買取事業は決して大きな事業とはいえませんでした。

新車で購入した車から、また車を買い替える時も新車であったことから、中古車は単に下取りとして引き取られるのが主流でした。

しかし、1990年の頃から、中古車販売事業者間におけるオークション事業が活性化を始め、中古車の流通網が確立をされていくことで、これまで車ディーラーから下取り車を仕入れていた中古車販売店でも、オークションを通して中古車を仕入れるように変わりました。

これに併せて、車ディーラーも、下取り車を商品としてオークションに出店するようになり、益々、中高車売買の事業が活性化を帯びるようになりました。

そして、オークションの活性化が進むことで、中古車販売店がオークションから仕入れる比率がドンドン高まって行くことになりました。

すると、需要と供給の市場原理に働き、供給側の不足が懸念され始めます。

こうして、車買取を専門業としても事業が成り立つようになることで、車買取専門店の数も急激に増加を始め、業界の成長へと繋がりました。

近年では、オンライン専門の車買取専門店が登場するまでに至っています。

今では業界最大手の買取業者は東証一部に上場する企業になっていますが、これなどは車買取業界の急成長を象徴するような出来事かもしれません。

このような車買取業界の急成長による買取業者の増加が、新しい査定サービスを生み出すことにつながりました。

中古車を複数業者に査定してもらう一括査定サービスの登場です。

一括査定といえば、はじめの頃はカービュー程度だったのが、今では全部でいくつあるのかちょっと数えられないほどの無料一括査定サービスが提供されていて、その普及を加速させています。

もちろんこの一括査定サービスもオンラインあっての査定サービスであり、オンライン専門の車買取専門店の登場と相まって、ネットと車査定買取の業界とは密接不可分の関係になっているというのが今の状況だと思います。

ネットの活用が、業者側、利用者側の双方にとってメリットの拡大をもたらすものであったということですね。


このページの先頭へ