日本の商用車は中古でも海外で大人気

一般に商用車といえば、企業の営業用バンであったり、建設会社のトラック、その他にもタクシーやバスなどがあります。

この中でも、特に東南アジア圏など発展途上国で人気を呼んでいるのが、トラックやバスの大型車になります。

一度に多くの荷物を運べる車の方が、こうした発展途上国では需要が高いからです。

旅行で訪れた際に、又はテレビ番組などで、どうしてこのような海外の土地で、日本の会社名が残ったままのトラックが走っているのか、不思議に感じた人も多いのではないでしょうか。

発展途上国の山の中であっても、日本の会社名が残ったトラックが走っているということは、その様な場所にまで、商用車の流通網が行き渡っていることを示唆しています。

商用車といえば、走行距離も伸びており、車体の傷みも激しいのが特徴でありますが、こうした発展途上国などでは問題なく受け入れられています。

これは、日本車に対する品質の高さが、認知されていることに他ならず、日本車に対する安全神話が広がり定着している現れといえるでしょう。

このように、商用車の海外流通が拡がりを見せることで、国内における商用車の買取も活況を呈しています。

このように、海外では大人気の日本の商用車ですが、通常の中古車とは異なる需要を持っていることから、中古車査定、買取においては当然ながら通常の車とは違った工夫が必要となります。

具体的に言えば、一般的な中古車を中心に扱う車買取店に査定してもらってもその本当の価値が評価してもらえないこともあり、輸出業者など海外向けのチャンネルを持つ買取業者を探して査定買取をしてもらう必要があるということです。

ですから、商用車を一括査定で売却する場合は、そのような業者も参加している一括査定を選ぶ必要があります。

要するに多様な業者の参加している一括査定、つまり輸入業者等がヒットしやすい一括査定を利用しようということです。

当然ながらこのような業者に買い取られた商用車は、オークションに出品されることなく、貿易を生業とするバイヤーへ売却されるケースが多くなります。

需要の無い日本の業者オークションでは海外でのような値段が付かないからです。

また、商用車を使用していた企業側も、廃車の道を辿っていた車に、資産価値が付けられることは喜ばしいことといえます。

但し、自社の企業名が残されたまま、見知らぬ外国の地で利用されていることについては、複雑な心境といえるでしょう。


このページの先頭へ